Tokyo machida salvia rotary club - Rotary International Discrict 2750

東京町田サルビアロータリークラブ

ロータリーを楽しもう!

2018-19 会長テーマ

会長挨拶

2018-19年度
東京町田サルビアロータリークラブ
会長 落合 孝美

ロータリーを楽しもう!

「ロータリーを楽しもう!」

 2018-19年度バリー・ラシンRI会長は「インスピレーションになろう」とのテーマを掲げられました。変化を生み出すために『もっと何かをしよう』『力を発揮しよう』という意欲を相手の心に引き起こす存在になること、それがインスピレーションになることだと。また、より良い世界を作りたければ、プロジェクト計画や任務の割り振りより先にインスピレーション(それを実現したいという意欲を高めること)から始めてくださいと語られました。非常に抽象的なテーマで奥が深いのですが、これはロータリアン一人一人がお互いに繋がり、インスパイアー(よい影響を与える、やる気を起こさせる)し合いながら地域社会、国際社会に良い変化を生み出す奉仕活動を期待しているのではないかと私は推察します。また、ラシン会長は、方針の一つであるロータリーデーを開催し、ロータリークラブの活動を一般社会に広く知らしめ、外へ向けてもインスピレーションを広げていって欲しいとも語っております。

 当クラブといたしましても、RI会長の「インスピレーションになろう」のテーマ並びに方針の一つであります「ロータリーデーの開催」を念頭に置き、奉仕活動に反映させていきたいと思っております。

 また、当クラブに目を移しますと、奉仕活動は他クラブより多く、また、熱心に取り組む姿勢は昔から変わりませんが、ただ一つ気になることは出席率の低下です。最近では、50%を僅かに上回るほどです。この点を、会員の皆様と共に知恵を出し合い、少しでも出席率の向上に繋がるような楽しい例会、そして充実感を伴う意味のある奉仕活動を展開していけるよう努力していきたいと強く思っております。

 2011-12年度以来7年ぶりの会長職ですが、「ロータリーを楽しもう!」の精神で明るく楽しいクラブ運営を心がけていきたいと思っておりますので、一年間ご協力の程宜しくお願い致します。

PAGE TOP